*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
池永尚史「『稼ぐアフィリエイターはブログが違う!』
稼ぐアフィリエイターはブログが違う!―半歩先をゆくブログ活用術
【amazon】     【BK1】

◆「稼ぐアフィリエイターはブログが違う!」

 お勉強中です。
 一体、ブログとはなにかっていう、ほとんどよくわからずに使っている自分を反省しました。
 
 それにしても、こういうHOW TO本って、そこそこそこが痒いの、ってところに届かないんだよね。なんかその周囲はかいてくれてる気がするんだけど、このポイントってずばっとしたもんがない。
 って、それは、受け手の問題なのか。はぁ。
* by * 12:52 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
矢野きくの【売り上げを倍増させたアフィリエイト最新実践テクニック -OL・主婦もしっかり稼げるやさしいサイトの作り方】
売り上げを倍増させたアフィリエイト最新実践テクニック -OL・主婦もしっかり稼げるやさしいサイトの作り方
【amazon】     【BK1】

◆「売り上げを倍増させたアフィリエイト最新実践テクニック -OL・主婦もしっかり稼げるやさしいサイトの作り方」

 タイトル長いよww
 ま、そのまんまで、じゃ実践してるのかよっていうと…。
 結局、WEBの原理がわかってないと、マーケティングがわかってないと、儲からないってことなのかなと、自分の無知がわかりました。
 そういう意味では、勉強になったかな。
 いっそ、何も先入観なしに、ほいほいとかかれてる通りに始めると、しっかり儲けられるかもよ。
 がんばれ、自分ww
* by * 13:03 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
ジューン・トムスン【ホームズとワトスン 友情の研究】
ホームズとワトスン―友情の研究

【amazon】   【BK1】

◆「ホームズとワトスン 友情の研究」

 ホームズとワトスンの歴史が真面目に書かれた、ノンフィクション(ww)

 ここまで細かく語られるとはドイルも思わなかっただろうから、聖典(ドイルの作品のこと)には矛盾が一杯。それを、あーだこーだと推察したり、解釈したり、ご苦労様って感じ。
 学術書っぽいんだが、作者の熱が全体を後押してて、なんだかんだとするっと読めてしまう。でもって、ホームズとワトスンの人物像もしっかり浮かび上がってくる。上がってくるが、これが微妙。あくまで聖典に忠実なので、ある時にはTVドラマの役者のようであり、ある時には別の映画の役者のようであったりと、ホームズをいう像の芯はしっかりしてるのに、輪郭が曖昧。こういう部分は、作者の上手さなんだと思う。好きなあまり、こういう人物像だと押し付けてくるようなのは、しんどい。でも書くほうは、こーなのよぉって書くほうが楽しい。この作者、この部分のバランスが卓越していると感じた。

 なかなか面白かったっす。
* by * 13:36 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
岩合光昭【きょうも、いいネコに出会えた】
きょうも、いいネコに出会えた

◆「きょうも、いいネコに出会えた」

 も、タイトル通りの本です。
 ネコ好きは、即買いましょう!!!!

 写真家岩合氏による、そこらの普通のネコの写真とエッセイ。
 自然の中で、ゆったり暮らしているネコがすごくいい表情してて、間違いなく見るだけで幸せになれます。
 エッセイも、ちゃんとネコにピントがあった文章で、よかった。
 某写真家の建築の本とはエライ違いだww

 岩合氏、ネコの本が他にもあるみたい。
 うーーーー、買いたいなぁ。



ちょっとネコぼけ     ニッポンの猫


  旅ゆけば猫―ニッポンの猫写真集      海ちゃん―ある猫の物語

* by * 13:59 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
舛田光洋【夢をかなえる「そうじ力」】
人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
◆「夢をかなえる「そうじ力」」

 ってこれでの正式名称は、「人生カンタンリセット!」つーのがまえにつきますからww

 ま、掃除によってマイナスの運気を払って、プラスを呼び込んだら、人生美味くいくぜって本。
 すごーーーーーーい、字が大きい。でもって改行と、段落が多くて…。
 ま、そーいう部分を怒るのは、本末転倒ってことなんでしょう。世の中、お手軽に人生をリセットと願ってる方が多くて、しかもそーいう方は普段本を読むことはないので、びっしり字があるようではしっかり読むことができないのでしょう。
 ってことで、この本の勝利は、装丁かww
 小さいゴミバケツが中央にあるだけの装丁、これはナイスだと思います。

 ともあれ、これ読んで掃除してるかというと…。
 近いうちにやりますわよ。ええ。やるんだってばさ!
* by * 14:04 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
小松義夫【世界の不思議な家を訪ねて】
世界の不思議な家を訪ねて―土の家、石の家、草木の家、水の家
◆「世界の不思議な家を訪ねて」

 「100を超える取材地からエピソードに富む18箇所を厳選」
 っておびにあって、インドネシアの海上の家とかアメリカのナバホ族の土の家の写真がでてた。
 期待した…。

 写真はいいんですけどね。(作者は写真家です)
 一体何がいいたいのか、さっぱりわからん文章がだらだらと続きます。多分本人はすごくわかってるんだろうけど、すでにその絵が見えている著者と少ない写真(ってもこの手の本にしては写真多い)しかない読者では、見える文章を書かないと通じないっていうのがわかっていない。
 小学生の作文によくあるタイプですな。

 それに、あんまり「家」に対する愛情とか興味とか、そーいうのが感じないんですけど。
 妹尾河童氏の本が面白いのは、対象に対するものすごい好奇心が絵から、文章から溢れてるからだと思う。
 いわば、その対極ってことで。

 やれやれ。
* by * 14:01 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
村瀬千文【世界のホテルで朝食を】
世界のホテルで朝食を
◆「世界のホテルで朝食を」

 私は、朝食が大好きだ。
 特に、ホテルの朝飯は、3食それでもいいよってぐらい好き。いや、結婚して朝飯はご飯になっているので、パンに飢えてるのよ。
 パンも好きだけど、中華風のおかゆもいいよねぇ、と期待して買った。

 ……朝食に関しては、半分もないですが。

 ま、アマゾンとかの書評も散々だったので、覚悟はしてたけど、それにしてもね。
 せっかく美味そうな食い物を前にしてるのに、美味そうに表現できないってどうよ?? すっごい欲求不満がたまりましたわ。
 
 世界のいろいろなホテルに泊まる、観光地ではなくホテルの案内、みたいな分野って、基本的に人がいないらしくて、この作者一人独走中みたいなんだが、読むたびに、うーーーってなる。が、ホテル、っていうのが好きなので、つい買ってしまうんだよね(涙)
 あー、B'Zの稲葉くんのお兄さん(稲葉なおと)が、出してるかねぇ。
 でも、彼のは建築フェチ的視点で、サービスとか料理とかって点はぬけてるんだよね。
 うー、二人をたして2で割ればいいのに。

まだ見ぬホテルへ
* by * 21:06 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
村上春樹 他【地球のはぐれ方】
地球のはぐれ方村上春樹著・吉本由美著・都築響一著

◆「地球のはぐれ方」
 地球の歩き方じゃなくて、はぐれ方、ってところが、しぶい!
 村上春樹、吉本由美、都築響一の三人が、近場の秘境を歩いた旅行記(?) 名古屋、ホノルル、江ノ島、熱海、サハリン、清里、ってこのラインナップを見ただけでも、一筋縄ではいかないってわかるだろう。
 で、ただ、行ったというだけでなく、秘境たる意味を3人それぞれに考えているのが、面白い。
 これ読んで、熱海と江ノ島にはぜひ行ってみたくなりました。ああ、ホノルルもいいなぁ。名古屋はいいや。どう考えても、あの食事にはついていけそうにないものww
* by * 22:16 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
カルヴァン・トムキンズ【優雅な生活が最高の復習である】
優雅な生活が最高の復讐である
優雅な生活が最高の復讐である(新潮文庫)C・トムキンズ・青山 南 訳

◆「優雅な生活が最高の復習である」
 タイトルだけで魅かれてしまう。これは、スペインのことわざだそうで、正確には<優雅な生活が過酷な人生への最高の復習である>らしい。フィッジラルドの「夜はやさし」のモデルとなったマーフィ夫妻の華やかな友好関係を、さまざまなエピソードで綴った作品。一応ノンフィクションになると思うのだが、不思議とフィクションのような手触りがある。もっとも、いわゆるジャズエイジといわれる頃の作品(小説に限らず、映画等などでも)は妙に現実感がないのではあるのだけど。
 ともあれ、アメリカ人のヨーロッパでの生活なのだが、何か過酷なことやダメージがある訳ではない。とにかく優雅な生活が続く。が、読み終わったら、このタイトルの持つ意味がずっしりとくる。
 …しかし、この字の組み方はちょっとなぁ(苦笑) 

 と、四季さんにアマゾンのリンクの簡単な貼り方を教えていただいたので…。
 本の画像は、アマゾンです。でも、文字はBK1です。はは、BK1は画像がなかったんだよ。(そういうのが多すぎだよ、BK1<むかっ)
 
* by * 22:33 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
藤井徹貫「Majaor Turn‐Round SECOND IMPRESSION」
◆「Majaor Turn‐Round SECOND IMPRESSION」
 TMさんのツアードキュメント(笑) TMにはお馴染みの藤井徹貫氏で、相変わらずだらだらした感じのドキュメントだった。が、ROJAMで通販ってことだったせいか、めずらしく攻撃的な表現も…。
 それにしても、TMの御3方はなんだかんだっても「大人」です。子供の部分もしっかりあるけど、そのバランスがすごくいいです。私も、あんな大人になりたいです。ま、オヤジギャグは遠慮しますが(爆)
* by * 22:14 * ノンフィクション * comments(0) * trackbacks(0) *
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
<< * TOP * >>
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

<< * TOP * >>