*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
篠田真由美【永遠なる神の都 神聖都市ローマ 〈龍の黙示録〉】
永遠なる神の都(上) 神聖都市ローマ 〈龍の黙示録〉 (祥伝社文庫)
篠田 真由美 祥伝社 (2011-12-14)売り上げランキング: 255796

永遠なる神の都(下) 神聖都市ローマ 〈龍の黙示録〉 (祥伝社文庫)
篠田 真由美 祥伝社 (2011-12-14)売り上げランキング: 255653



 シリーズの最終作。
 も、なんでもなりなんで、むしろなんでモビルスーツがでてこなんだろうって、思ったぐらいだww
 でもって、結局誰もかれもがほぼ、人間?な感じになってしまうし…。
 まぁ、これはこういうものだからいいんだろうけどさ。

 っても、なかなか龍が出てこないので、そこはちょっとね。
 
 と、結局のところ壮大な兄弟げんかって感じだったかな。
 
 うん、これはこれでいいんだけど、って、だけどがつく感じが全編通してなのでありました。





JUGEMテーマ:読書


* by * 20:02 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
津原泰水【バレエ・メカニック】
バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)
津原 泰水 早川書房 売り上げランキング: 31308



 前衛芸術家、木原の娘は事故で9年間昏睡状態にある。
 彼女は、都市を巻き込んで夢を見る。

 読みながらずっと小松左京の「ゴルディアスの結び目」と萩尾望都の「バルバラ異界」を思っていた。眠り続ける娘の夢が共通だからといえばそれだけなのだが、それだけじゃないように感じていた。

 眠りは、ある種の<死>だ。
 
 その<死>の中で、「生きている」ということを探し続ける父親の姿は、普遍であり、愛情深いものだ。が、「夢」はそれを拒絶していく。
 娘の主治医、龍神はそれを目の当たりにして、自身の喪失にうちのめされる。

 もう決して手にできないものだからこそ、人は求めずにいられないのだ。
 その当たり前が、悲しい。

 シュールな表現で煙にまいてるけど、底辺にあるのは愛する人の死を悼む心なんだと思う。
 ああ、憐れむ気持ちなのか。
 それが、小松左京や萩尾望都を呼び起こしたのだろう。






JUGEMテーマ:読書


* by * 20:49 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【恋物語】
恋物語 (講談社BOX)
恋物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 11.12.30
西尾 維新 講談社 売り上げランキング: 2


 「化物語」第2シーズンの最後。

 千石撫子との約束の期限が迫る中、戦場ヶ原ひたぎはかつて自分を騙した詐欺師、貝木泥舟に助けを求める。
 本の裏表紙には「真っ黒で、最悪の手段だった」ってあるけど、そうとは思えないんですけどね。ひたぎは、自分の小さなプライドより、暦との未来を選んだってだけだと思うんだが。

 ともあれ、「恋物語」で<ひたぎエンド>ですが、むしろこれは、撫子と貝木のそれぞれの恋の終わりの物語なのだろう。
 暦に恋していたものの、幼すぎてそれに折り合いがつけれず、その上妙な力を持ってしまった撫子が自分と向きあい、世の中を斜めに見てるやさぐれたオッサンの貝木は、かつてひたぎに持った感情や、対峙している撫子を前に、自分の中の<やわらかい部分>に気づく。まぁ、オッサンは、やっぱり素直じゃないし、可愛くもないですけどね。

 ようするに、恋を終わらせるのは難しいのですよ。
 きちんと終われない恋は、哀れなものでしかなく、その哀れさがよくないものを引っ張ってきてしまうのだろう。

 と、恋の前には、人は普遍であるなぁと思ったしだいである。
 
 


JUGEMテーマ:読書


* by * 14:59 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
恩田陸【きのうの世界】
きのうの世界(上) (講談社文庫)
恩田 陸 講談社 (2011-08-12)売り上げランキング: 5849

きのうの世界(下) (講談社文庫)
恩田 陸 講談社 (2011-08-12)売り上げランキング: 5808



 塔と水路のある小さな町で、1年前に突然失踪した男が死んでいるのが見つかる。

 男が誰で、なぜ死んだかは、明らかにされるんだけど、そのわりに核心はわからない。小さな町の謎は、表にでてくるけど、だからどうということはない。町を調べに来ていた女の死は、わからないままになっている。

 「きのうの世界」は不条理なのだ。
 それは、過去というものが常に不条理であることと同じなのだろう。もう、やり直すことができない、どうしようもないもの、それが過去で、この町はそういう過去に存在しているのだろう。
 
 明らかになった町の秘密も、多分そのまま隠され、焼けた塔はそのまま撤去されず残っていくのだろう。

 そして、明日に存在しない町は、ここにあり続けるのだろう。

 それは、きっと悲しいことなのだろう。





JUGEMテーマ:読書


* by * 20:55 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【鬼物語 】
鬼物語 (講談社BOX)
鬼物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 11.10.04
西尾 維新 講談社 売り上げランキング: 2


 吸血鬼、忍野忍が語る最初の眷属と、彼女でさえ恐れる怪異との対決。

 タイトル「鬼物語」なので、忍が心情を吐露するとか、彼女をとりまく物語かと思ったら、さにあらず。
 一応彼女は、語るけれどそれはあくまで傍観者なのだ。

 平和な日常に突然現れた<くらやみ>
 それは、かつて忍の平安な生活を奪ったモノだった。

 もう、何をどう書いてもネタバレになりそうなので、極端に抽象的になりますが、ようするに怪異も、怪異であるということに存在理由を縛られているってことなんだろうな。
 人間もなんだかんだと不自由だけど、怪異もまた不自由な存在なのだ。

 しかも、怪異はその不自由さに気づくこともなく、それを打破することもしない。
 ただ<くらやみ>に飲まれるだけなのだ。

 多分それが怪異故なのだろう。
 だから、哀れで悲しい。

 そうだ。これは悲しい物語なのだ。
 結局のところ、怪異と人間では<想う>ということの次元が違う、ベクトルが違うということを、つきつけられる物語なのだろう。

 とりあえず半端な存在としてある阿良々木だが、どうしても選ばなければならない時がくるのだろうな。
 それを思うと、すごく悲しい。






JUGEMテーマ:読書


* by * 21:06 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
谷川流【涼宮ハルヒの驚愕】
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
谷川 流 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-05-25)売り上げランキング: 3


 4年ぶりのシリーズの続き。
 「分裂」の続きってことなので、すっかり忘れている分裂を読み返したあと、読む。

 やっぱり、物事には時期というか旬というか、とにかく<時間>というものの後押しが不可欠なのだろう、というのを痛感した。
 そう、残念ながらそういうものの恩恵がすり抜けてしまっている。

 分裂が出た直後にこれを読んだら、それはそれで感動なり、思うところや考えることがあっただろう。
 しかしながら、4年は全てを形骸化してしまうだけの時間だったようだ。

 にしても、周りがどうであれ超然としている、全く関知してないというのが、涼宮ハルヒの魅力だったように思うのだが、今回のようになってしまって一体、この先どこに着地点を求めて行くのだろう。
 ハルヒが<自覚>することは、キョンやSOS団の仲間との別れを示唆しているのではないかと、つい考えてしまうのであった。






JUGEMテーマ:読書


* by * 21:31 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【傾物語 】
傾物語 (講談社BOX)
傾物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 10.12.29
西尾 維新 講談社 売り上げランキング: 1


 サブタイトルは「まよいキョンシー」ですが、ぶっちゃけ、暦と忍の弥二喜多道中です。

 あらすじを書くと、まんまネタバレになりそうなのではしょりますが、相変わらずの暦の王子様っぷりに感動を覚えるのであった。
 つか、こうやって自分にかかわった人に対して、思い入れや責任を感じていたら、そりゃ、人間強度も下がっていくだろう。結局、暦は怪異とかかわることで、本来の自分ではない人間強度を持ってしまって、その落とし前を自分なりにつけようとしてるのかもしれないなぁと読みながら思っていた。
 でも、その強さは、本来彼が彼自身の中に持っていたもので、ただ彼が成長して表にでてきただけだと思うんだけど、多分、それに気づくことが彼の真の成長なのかもしれない。





JUGEMテーマ:読書


* by * 20:40 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
木村暢【機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-】
機動戦士ガンダム00  −A wakening of the Trailblazer− (角川スニーカー文庫)
木村 暢
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-09-30)
売り上げランキング: 1397


 映画のノベライズ。
 結局、映画より先に読んでしまった。

 うーん。
 結局人類完補計画なんですか。
 イノベーターって、よーするにニュータイプなんすかね。

 アニメの終わり、結構生き残ってたけど、最終的にはこれのためだったんですか、と、まぁ、つっこみどころ満載です。

 なんでこんな程度になってしまったんだろう。
 なにが悪かったんだろうと、読者に考えさせるっていうのはどうかと思うんだが。
 
 やれやれ。




JUGEMテーマ:読書


* by * 20:22 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
木村暢【機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(5)再生】
機動戦士ガンダム00  セカンドシーズン(5)再生 (角川スニーカー文庫)
木村 暢 角川書店(角川グループパブリッシング) 売り上げランキング: 113842


 テレビのノベライズ。

 そんだけって感じ。
 なんなんだろうなぁ。ノベライズってもっと自由でいいんじゃないだろうか。文章はどうやっても誰を主観にするかっていうのがあるので、視覚的な仕掛けは難しい。だからこそ、アニメは面白いのであるし、そういう束縛があるからこそ文章は文章での自由があるのに、そういうのが生かせてない。

 なんか、制作会社とかメーカーとかいろんなところから武力介入でもあったのかなと、そこまで思っちゃたんですけど。

 …映画のノベライズも買ってスタンバッてはいるんだが…。
 DVDを見てから読むか、見る前に読むか思案中。
 見てから読んだから、また同じことをいって怒りそうな気はしてるんだよね。やれやれ。





JUGEMテーマ:読書


* by * 16:36 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
木村暢【機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(4)アニュー・リターン】
機動戦士ガンダム00  セカンドシーズン(4)アニュー・リターン (角川スニーカー文庫)
木村 暢 角川書店(角川グループパブリッシング) 売り上げランキング: 119646


 ブレイクピラーの4ヶ月後から、アニューの裏切りと、ルイスが復讐をとげるまで。

 うーん。
 補完されるかと思ったけど、やっぱりロックオンとアニューが恋仲になるのが不自然。確かに、ライル@ロックオンにはそういう軽さがあるけど、だからってねぇ。これじゃあ、アニューが単に軽い女っぽいんですけど。

 ともあれ、人が10人いれば10通りの価値観が、100人いれば100通りの価値観があると、いいたいのだろうけど、あまり成功してる感じがないんですけどね。
 
 ホント、なんでこんなぐだぐだになっちゃってるんだろう…。

 ともあれ、王とネーナの最期は哀れでした。
 アニューもなんだかんだって可愛そうだったし…。
 基本、女の子は可愛そうだよね、ダブルオーって。




JUGEMテーマ:読書


* by * 21:19 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
<< * TOP * >>
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

<< * TOP * >>