*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
中条省平 「小説の解剖学」
小説の解剖学
小説の解剖学
 小説の書き方講座をまとめたもの。うーん、なんか物足りなさを感じるんだけど。つか、昔学校で長文読解問題をやらされていた時の、あほくさ、って感じ。
* by * 15:36 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
斎藤美奈子 「紅一点論」
紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像
紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像
 アニメと伝記(ナイチンゲール、キューリー夫人、ヘレンケラー)を通してみるフェニミズム論(といっていいだろう)
 ようするに「女はこうあるべきだ」みたいな価値観は、世の男が作り、幼児期から触れる沢山のものは、その価値観から成り立ってきている。で、そろそろそれはオカシイだろうと声をあげるべきなんだと。
 じゃ、こうあるべきだ、みたいなところまで突っ込んで書いてると更に面白かったけど、そうなると別のものになってしまうのかな?
* by * 14:58 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
斎藤美奈子 「妊娠小説」
妊娠小説
妊娠小説
 望まない妊娠を扱った小説を「妊娠小説」というジャンルだと位置づけた評論。賞をとったものだそうで、納得の内容。
 しかし、その前に避妊しろという考えには深く同意。結局、避妊をちゃんとできない人間が、人生をどう語ろうが空しいだけ、って私も思うよ。又、このジャンルの非フェミニズムなのも。
 男性にこそ読んでいただきたい。
* by * 14:57 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
斎藤美奈子 「モダンガール論」
モダンガール論
モダンガール論
 欲望史観で読み解く100年史、だそうで。
 結局、女は社会や男にいいようにされてきたし、作られた価値観で右往左往してきたんだなと、思った。100年でやってることは、いつも同じようなことだしね。アグネス論争も、過去に似たようなことがあったっちゅうのには笑った。
 こういうのを男性が進んで読むようになると、ちっとは社会は変わるような気がするんだがな。
* by * 15:00 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
斎藤美奈子 「読者は踊る」
読者は踊る
読者は踊る
 O先生から、面白いよと言われてた斉藤美奈子。本当は、文壇アイドル論か、文章読本さん江が読みたかったんだけど、それはまだ文庫オチしてないらしい。
 で、面白かった。すぱすぱっときっていくのが、嫌味でなく、自身が揺るぎがなくて、適当に砕けてて、評論とは思えない面白さだった。
 某ツジと、某ヤナギについての意見には深く賛同。
* by * 15:01 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
村上春樹 柴田元幸 「翻訳夜話2 サリンジャー戦記」
翻訳夜話2 サリンジャー戦記
翻訳夜話2 サリンジャー戦記
 二人が「キャッチャーインザライ」について語りつくした本。キャチャーや、サリンジャーを通して、他のマーク・トウェインやフィッジラルド等にも触れているので、なんていうか、サリンジャーのポジションみたいなものがよくわかった。
 契約の問題でキャチャーに未収力になった、春樹の解説や、柴田氏の「コールミーホールデン」が面白かった。特に柴田氏のは、興味深かった。
* by * 11:33 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
パスカル・キャニール 「音楽への憎しみ」
音楽への憎しみ
音楽への憎しみ
 なんていうか、音楽を廻る散文詩?って感じだけど、その一方で評論のようでもあるという、不思議な本。実は1年以上読んでました(苦笑)
 非常に詩的な言葉で、音楽への絶望感をうたっている。それに共感を覚えない訳ではないが、いかんせん、難しすぎます。でもって、引用が多い。駄目だね、私って。教養が足りないや。
* by * 22:25 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
 円藤祥之「ガンダム1年戦争」
ガンダム「一年戦争」
ガンダム「一年戦争」
 ガンダムを、近代戦争の流れというか、方法論によって、論じた本。
 かなり、マニアック。だが、予想に反して非常に面白かった。今まで、これはSFだからね、とか、アニメだからね、とかって、自分をだましながら見てたんだなって、妙に納得してみたりする。
 しかしながら、人間は、太古からやってることは全く変わらんもんだなと、そういう思いを強くしてみたりする。
 ニュータイプが、出てこようと、変わらないというか、変わらないから、シャアは逆襲したのか(苦笑)
* by * 21:46 * 評論 * comments(0) * trackbacks(0) *
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
<< * TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

<< * TOP *