*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2017 檀 All rights reserved.
<< 北村薫【語り女たち】 * TOP * 最相葉月【青いバラ】 >>
DVD【デッド・ゾーン シーズン2−2】
デッド・ゾーン シーズン2 コンプリートBOX

★★★★

 スティーブン・キング原作「デッド・ゾーン」のテレビドラマ化の16話と17話。
 廃鉱山での事故で昏睡状態になったウォルトの話と、薬害の未来をみて、それを防ぐために奔走する話。

 なんか、だんだん切なくなってくるんですけど。
 ウォルトがかつての自分と同じように昏睡状態になって、それを目覚めさせるために彼の精神世界にはいりこんでいくジョン。けれど、彼の中にもしこのままウォルトが目覚めなければという、欲がないわけじゃない。それを自覚しながら、それでもウォルトを助けようとする。
 人は、見たくない知りたくないことに、無意識に目を閉ざす。それが、自分を守る術だと知っているからだ。けれど、その能力によって閉ざすことが難しいにしろ、ジョンはあえてそれを見つめ、立ち向かおうとする。
 普通の人間としてありたいがために。
 この辺り、このとっても平凡な、というか、平凡すぎて偽名と間違われるジョン・スミスという名前をつけたキングの上手いところなのだ。
 薬害の話も、ただ自分のやれることを、やれるだけのことをして、防ぎたいという、最後のシーンでそれが明確に描かれていて、じーんとなった。

 それにしても、ジョンの母親の恋人だった牧師の存在がいい。
 ある時は、ビジネスマンとしてジョンを利用し、でも父親として心の底から心配して、一体どれが本当の姿、気持ちなのだろうと思うのだが、多分どっちも本当なんだろう。つか、どっちの本当って伝わってくる演技をしているのだ。上手い。
 彼の存在があるから、ジョンはある意味社会生活を送っていられるのだと、ジョンもわかっているから、頼りにするときは頼りにしている。
 この牧師の役者のチョイスは、最高だね。
* by * 17:00 * DVD * comments(2) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 17:00 * - * - * - *
思えば、この辺りが原作とTVオリジナルとのバランスが一番よかったですね。
* 檀 * 2010/03/14 8:35 PM *

私も、昨日2−2をみて、感動しました。おくが深いなあ、とおもいました。
* yasuto * 2010/03/11 10:35 AM *










http://m-books.jugem.jp/trackback/939
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Profile
Others

* TOP *