*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< 塩野七生【塩野七生ルネサンス著作集 4 海の都の物語】 * TOP * キース・アブロウ【抑えがたい欲望】 >>
日夏耿之介【吸血妖魅考】
吸血妖魅考(ちくま学芸文庫)モンタギュー・サマーズ著・日夏耿之介著

◆「吸血妖魅考」
 日夏氏を作者として出したが、正確にはモンタギュー・サマーズが書いた「ヨーロッパに於ける吸血鬼」と「吸血鬼−その同族と血縁」の2巻を元に翻訳された「吸血妖魅考」という本(初版昭和6年)と、日夏氏の「吸血鬼譚」をあわせて採用し編集したものだそうだ。
 なので、文庫なのにこの値段もいたしかたないかと…(汗)
 しかも、全編ほんど文語で旧仮名遣いである。読みにくいよ。
 が、これがロマンなのだ。
 
 世界中いたるところに、吸血鬼の伝説があり、吸血鬼とは彷徨える死者である、っていう共通性には正直寒気がした。それだけ血液っていうものは、大事なのか。で、医学的な根拠もほとんどなかった時代から、それを人間は本能で知っていたのだろうか。いや、吸血鬼が実在したからこそ、そう考えたのか…。
 カテゴリーにこまって、一応学術としたが、これほど様々に思いをめぐらせることのできる本はそうそうないだろう。
 すごく面白かった。
* by * 22:34 * 学術 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 22:34 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/313
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

* TOP *