*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< 岩井志麻子【自由恋愛】 * TOP * 村上春樹【若い読者のための短編小説案内】 >>
塩野七生【神の代理人】
塩野七生ルネサンス著作集〈6〉― 神の代理人
◆「神の代理人」
 ルネサンス期の4人の法王に焦点をあてた作品。
 宗教家でありながら、政治家であることも求められる法王という立場の複雑さが、4人の全く違っていた理想へのベクトルの違いから際立たせている。
 とはいえ、やはり一番面白かったのは、チェーザレ・ボルジアの父親、アレッサンドロ6世の話だ。他の三人が在位中に何をして、何ができなかったのかということに論点をおいているが、アレッサンドロ6世の場合当時フィレンチェで絶対的な勢力をもっていた修道士、サヴォナローナとの対決だけに絞られている。しかしながら、この対決こそが法王という立場の絶対さや、同じだけあるあやうさや、微妙さを象徴し、それを乗り切ったアレッサンドロ6世という人を表現しているといえる。
 面白かった。
* by * 22:31 * 歴史 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 22:31 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/309
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

* TOP *