*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< デボラ・クロンビー【警視の哀歌】 * TOP * スティーブン・キング【ドクター・スリープ】 >>
ジェフリー・ディーヴァー【限界点】
限界点 上 (文春文庫)
限界点 上 (文春文庫)
posted with amazlet at 18.05.14
ジェフリー ディーヴァー 文藝春秋 (2018-02-09)売り上げランキング: 62,892

限界点 下 (文春文庫)
限界点 下 (文春文庫)
posted with amazlet at 18.05.14
ジェフリー ディーヴァー 文藝春秋 (2018-02-09)売り上げランキング: 29,286



 ディーヴァーのノンシリーズ。
 殺しのプロと擁護のプロの戦い。
 
 珍しく一人称です。
 これがすごい閉塞感を生む。
 狙っている殺し屋が誰か、わかっているけれど、それだけ。守る方も守られる方も、一体なぜ狙われるのかわからない。で、一人称だから、主人公が知り得ないことは絶対わからない。
 なんか、夜中にやたらカーブの多い山道を走ってる感じだった。しかも、注意してゆっくり行くのではなくて、高速で走っている。
 
 その中で、主人公の人となり、そしてそのチームのつながりが、エンボスのように浮かんでくる。
 また、殺し屋の姿もそれなりに明確になってくるのだけど、そっちは逆光の中の像のように感じた。

 この感触の違いをかき分けられるのがディーヴァーのすごいところだとしみじみ思った。

 も、何書いてもネタバレになりそうなので…。

 ともあれ、何一つ確実なものはない、信頼や信用も暴力の前では頼りないし、愛情ゆえに家族は揺らぐ、そんな不安定な世界の中で、己だけを核として立ち続けることはたやすくない。
 きっと、なにもかもが不安定であると感じない、イメージできない人は、それは問題ではない。
 が、殺し屋にしろ主人公にしろ、それとは真逆の繊細さを持っている。というか、感覚に愚鈍では仕事にならないだろう。
 そして、そのことそのものが最大の矛盾なのだ。

 …矛盾と向き合う、対峙する、そういう物語だったのかもしれない。






JUGEMテーマ:読書



* by * 17:20 * ミステリー(翻訳) * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 17:20 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/2215
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Profile
Others

* TOP *