*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< DVD【パーソン・オブ・インタレスト <ファイナル・シーズン>】 * TOP * 中山七里【どこかでベートーヴェン】 >>
宮下奈都【羊と鋼の森】
羊と鋼の森 (文春文庫)


 高校の時、体育館のピアノの調律を見て、調律師を目指した青年の話。

 憧れの調律師のいる会社にはいって、個性的な先輩に囲まれて、彼はゆるやかに成長していく。
 この伸びやかさが、この小説の最大の魅力なのだと思う。
 彼は、自分が才能があるわけでも音楽的素養があるわけでもないと、わかっている。だから、誰の言葉も素直に受け止めて、自分の中できちんと理解しようとする。素直だから、伸びる。
 それを、彼の育った北海道の山中の集落の自然と重ねて、描いているのが秀逸なのだ。

 羊と、鋼、がタイトルとして目にいくけれど、一番大事だったのは、森なんじゃないかと思う。
 そこは、命を感性を育てる場所なのだ。

 色々名言があるけれど、やはり双子の「ピアノを食べて生きていくんだよ」につきると思う。

 彼も、先輩たちも双子たちも、結局は<選ばれた>のだと思う。
 ピアノに、選ばれたから、ここにいる。
 多分、音楽というものはそういうものなのだ。
 だから<神>に近しい。

 うちのピアノの調律が、すごく待ち遠しくなったよ。








JUGEMテーマ:読書



* by * 22:27 * 文学ww邦人 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 22:27 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/2211
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Profile
Others

* TOP *