*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< アンナ・スヌクストラ 【偽りのレベッカ】 * TOP * 宮下奈都【羊と鋼の森】 >>
DVD【パーソン・オブ・インタレスト <ファイナル・シーズン>】
パーソン・オブ・インタレスト <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス (7枚組) [DVD]


 サマリタンに追われたマシンは、コードになり逃亡する。

 ファイナルシーズンです。
 サマリタンとの戦いがメインです。
 そして、ちゃんと終結する。

 結局、これは、フィンチが自我を取り戻す物語だったのではないだろうか。
 死んだことになっている男として登場したフィンチは、マシンを作ったことに罪の意識を感じ続けていた。マシンは彼のことを<親>だと認識していた。
 それは、フィンチが実の父親が「自分のことを恥じているのではないかと思っていた」ということにあまりにも似ている。
 マシンとの疑似親子の関係は、そのままフィンチの親子関係につながり、だからこそ、フィンチはなかなか決断できなかったのだろう。

 人は、一人だけでは自我を保てない。
 他者という自分を映す鏡があってこそ、自我の意味があるのだと思う。

 だからこそ、ジョンや、ルート、サミー、ファスコといった仲間たちが彼の姿を映し、彼は自身の像を結ぶことができなのではないだろうか。

 とはいえ、ジョンもルートもサミーも、自身の生きる意味を探し続ける人たちだった。
 生きる意味のために、そういう選択をしたのは、矛盾しているようだけれど、やはりそれが人間の複雑さなのだろう。
 
 人間が人間としてあるための意味を考えさせれるものだった。
 
 最高に面白かった!







JUGEMテーマ:映画



* by * 21:15 * DVD * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 21:15 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/2209
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Profile
Others

* TOP *