*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< 尾田栄一郎【ONE PIECE 90】 * TOP * 中村春菊【世界一初恋〜小野寺律の場合13〜】 >>
カズオ・イシグロ【忘れられた巨人】
忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)
カズオ イシグロ Kazuo Ishiguro 早川書房 売り上げランキング: 355


 息子に会うために旅に出た老夫婦。
 途中、戦士と少年と一緒になる。

 アーサー王亡き後のブリテンが舞台ってことで、ファンタジーっぽいです。
 が、ひょいと現代視線がはいるので、なんかネットで動画見てて、たまに言葉ぐぐってみたりしてる感じになる。
 ファンタジー要素は、老夫婦の在り方が大きいのだろう。
 とにかく仲睦まじい。夫は妻のことを「お姫様」って呼ぶんだよ。お互いをいたわって、気遣ってっていうのがすごい。
 もっとも、タイトルの意味がはっきりしたところで、ガクゼンとするのだけど。

 で、何かよくわからないけど、色々なことをどんどん忘れていっている気がする、っていうのが全体にあって、それゆえにすべてが曖昧模糊なのだ。
 旅は、戦士と少年に出会ったことで、大きく動き始める。
 そして、国の歴史というか、今まで何があったかをそれぞれの立場で語る人がいて…。

 色々な意味でふり幅が広い作品だと思った。
 一貫して、人物たちを冷静に見ている作者が感じられるので、軸はぶれなかったけどね。
 でも、相当な勢いで振り回している。

 旅の終わりに…。

 正義も悪も、幸せも不幸せも、表裏一体であり、個々の価値観とか思想とかで変わる。
 確実なものは何もない。
 そのことをどう捕らえるのか、ということを問い続けている作品だと思った。
 うーーん。
 切ない。





JUGEMテーマ:読書



* by * 08:30 * 文学ww翻訳 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 08:30 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/2202
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Profile
Others

* TOP *