*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2017 檀 All rights reserved.
<< 三上延【ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ 】 * TOP * 波津彬子【ふるぎぬや文様帳 一 二】 >>
レイ・ブラッドベリ【とうに夜半を過ぎて】
とうに夜半を過ぎて (河出文庫)
レイ・ブラッドベリ 河出書房新社 売り上げランキング: 298,826


 短編集。
 まず、廃墟の火星で青い瓶をさがす「青い瓶」にガツンとやられる。
 
 ブラッドベリらしい、幻想と美しさと切なさとがてんこもりなのだ。
 とはいえ、全体的に<地に足がついた>感じがするのはなぜだろう。
 書き手も、読み手も、年齢があがって、人生の哀惜を知ったからか?
 うん。
 もしかすると「ウは宇宙船のウ」とかも、今読むとまた違ってくるのかもしれない。
 味覚みたいに、経験と年齢によって浮かび上がってくるものがある、というのが、実はブラッドベリの最大の魅力だったのかもしれない。と、ようやく気づく。

 奥深い。




JUGEMテーマ:読書



* by * 10:01 * SF * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 10:01 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/2147
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Profile
Others

* TOP *