*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< wato【1つの食材を5つのおかずで使い切り 日替わり野菜弁当 】 * TOP * よしながふみ【大奥 8 】 >>
青柳いづみこ【六本指のゴルトベルク】
六本指のゴルトベルク (中公文庫)
青柳 いづみこ 中央公論新社 (2012-08-23)売り上げランキング: 9680


 本に出てくるクラッシック(ちょっとジャズもあるけど)をピアニストの観点から読み説くエッセイ。
 タイトルの「六本指のゴルドベルク」は、トマス・ハリスの「羊たちの沈黙」のレクター博士のことから。

 青柳氏は、音楽家である自分と、文筆家である自分が、常に両立してるだなぁって思って読んだ。
 「もの書きピアニストはお尻が痛い」では、両者の間をいったりきたりしてる感じがあったんだけど、このエッセイは完全に混在している。
 エッセイストとして、稀有な方なのだろうと感服いたしました。

 にしても、タイトルで読みましたね、思われるものがちょいちょいあって、微笑ましいというか同病相哀れむというか…。
 「大いなる聴衆」とか「ピアノ・ソナタ」とか、まぁ本の中にでてくる音楽のエッセイなんだから、音楽がでてこないと話にはならないんだろうけど、それでもやっぱり多い気がする。も、これは職業病かもしれんね。字が並んでても音楽関係の文字だけが、太文字になってるみたいに目にはいってくる。そんな感じかもしれない。

 あと、青柳氏のお人柄が…。
 生真面目で、素直で、前向きで、ってまぁそれだけなんてことはないのだろうけど、マイナスを表に出さない上品さが素敵だなと思います。

 うん、知的で上品、上質。そんなエッセイ。







JUGEMテーマ:読書


* by * 17:05 * エッセイ * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 17:05 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/1893
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

* TOP *