*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
<< 北川歩実【熱い視線】 * TOP * 尾田栄一郎【ONE PIECE 58 この時代の名を”白ひげ”と呼ぶ】 >>
青柳いづみこ【音楽と文学の対位法】
音楽と文学の対位法 (中公文庫)
青柳 いづみこ 中央公論新社 売り上げランキング: 176165


 作曲家と同時代の文学者を比較した芸術論。

 *モールァルト
 *シューマン&ホフマン
 *ショパン&ハイネ
 *ワーグナー
 *ラヴェル&ルーセル
 *ドビュッシー&ランボー

 音楽は言語に縛られていると、常々思っていた。
 言語に縛られているからこそ、フランス人の曲はフランス的で、ドイツ人の曲はドイツ的でしかない。6ヶ国語以上を自由に操っていたというモーツァルトは、だからこそ無国籍の匂いに満ちいている。

 人は、言葉で考える。
 そして、音楽は思想であり、思いなのだ。

 毎度ながら、青柳いづみこの文は、明晰で潔い。
 と同時に、彼女の祖父がフランス文学者であったという、DNAというかもしくは環境が培った素地みたいなものが、見え隠れしていて、決して一朝一夕ではなしえない芸術の深淵を垣間見た気にもなった。

 にしても、もうちょっとマニアックな作曲家も取り上げてほしいですよ。
 ま、それじゃ売れないからだめなんだろうけどね。





JUGEMテーマ:読書


* by * 21:05 * 音楽 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 21:05 * - * - * - *









http://m-books.jugem.jp/trackback/1543
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP *
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Profile
Others

* TOP *