*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2017 檀 All rights reserved.
波津彬子【ふるぎぬや文様帳 一 二】
ふるぎぬや紋様帳 1 (フラワーコミックススペシャル)
波津 彬子 小学館 (2015-07-10)売り上げランキング: 17,794

ふるぎぬや紋様帳 2 (フラワーコミックススペシャル)
波津 彬子 小学館 (2016-11-10)売り上げランキング: 9,576



 祖母が残した着物を処分しようとしたら、不思議なふるぎぬやに導かれて…。
 着物にまつわる因縁の短編集。

 例によって(ww)店主は、めっちゃいい男です。
 雨柳堂より、年がいってるので私的はこちらの方が…。

 雨柳堂もそうだけど、物にはそれぞれ作った人使った人の思いがあって、その思いの一つ一つはかけがえのないものであると、これも根本はそういうことです。
 まぁそれは普遍的なことなのだけど、それをどう見せるかということが大切であって。
 
 語り部になる女性が、ほどよく現代っ子ででしゃばらず、かといって消極的でもない。
 いいバランスで盛り上げていると思う。
 あくまで、主役はふるぎぬであるというスタンスが潔いと思う。

 もっとも店主には謎があるみたいで、それはこの先のお楽しみみたい。

 次巻が楽しみです。





JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 10:12 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
よしながふみ【大奥 14】
大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)
よしながふみ 白泉社 (2017-02-28)売り上げランキング: 36


 篤姫がやってきた!!

 これがいい男なのだ。
 なんか、軽そうなんだけどしっかり気配りできて、心が広い。
 でもって、家定も周りも、心ひらかせていく。

 健康は精神っていうのは、とことん強いよな。
 薩摩という、辺境にあったからこそ、篤はまっすぐに育ち、人間に大事なことの本質をとらえている。
 食事と運動で、家定の体を健康にしていくあたりで、胸が熱くなったよ。
 うん。
 人間、健全な肉体にこそ健全な魂がやどるもんだ。

 とはいえ、時代は幕末で、二人の関係が平和である故に、時代の荒波が地響きのように伝わってきてつらい。
 
 …帯に、徳川歴代将軍と老中がセットで覚えられる! ってあるんだけど、それはいかがなものかと思うのだよ。
 まぁ歴史はピンボールみたいに、一つの物事が次に当たってそれがまた次に動いてって連動してるものだから、その大きな流れをとらえるのはいいと思うんだけど。
 「昨日なにたべた?」と、セットで実用書として売ろうとしているのか?www








JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 21:22 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
尾田栄一郎【ONE PIECE 84】
ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎 集英社 (2017-02-03)売り上げランキング: 7


 サンジの生い立ち続き、とルフィVSサンジ。

 まあ、ルフィは常にシンプルでよいよね。
 これももって生まれた才能なんだろう。その点では、シンプルに生きるという才能はないよな、サンジ。
 まぁ、生い立ちからしたら仕方ないのだけど。
 でも、これで歪みもせずにここまできてえらい。つか、お姉ちゃん素敵。いい子だ。まぁ、それもあるから女の子に優しいんだろうな。

 でもって意外とプリンちゃんがいい子で…。
 いや、これで結婚も悪くはないんじゃねと思ったわけだ。
 もっとも、ビックマムとのつながりには問題があるけれど。
 サンジ個人としては、幸せになってほしいし、伴侶がいるってことは結構大きなことだと思うしね。
 
 が、…。
 やれやれ。







 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 06:32 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
尾田栄一郎【ONE PIECE 83】
ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎 集英社 (2016-11-04)売り上げランキング: 327


 ビックマムと、サンジの婚約者登場。
 と、サンジの過去。

 も、赤足と出会った話も充分かわいそうだったのに…。
 でもって、こんだけのことがあったのに、<普通>でいられたよなサンジ。
 うん。ほかの規範からすると普通じゃないのかもしれないが、麦わらの中でのサンジの感覚は<普通>だ。<普通>に強い。ウソップが人間としての弱さの体現であるなら、サンジは強さの体現なのかもしれない。が、ウソップが弱いゆえにしたたかであるように、サンジは強いゆえに純粋でもろい。
 そのもろさと向き合うことを迫られているのかもしれない。

 と、ジンベエ登場で心強いと思ったら…。

 つか、出てくるのがチートすぎて、まったく勝てる気がしないんですけど。
 どうすんだ?
 いつもの麦わらより人少ないのに…。





JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 10:42 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
尾田栄一郎【ONE PIECE 82】
ONE PIECE 82 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎 集英社 (2016-07-04)売り上げランキング: 545


 ワンピースに至る道への手がかりと、世界の秘密の一端、そしてサンジの姉弟が登場。

 なんか、話の風呂敷がどんどんでっかくなっていっているんだが、大丈夫なのか?
 ホント、私が生きてる間に完結するのかなぁ。それが一番心配ww

 にしても、ルフィーはボキャ貧だよな。
 <同盟>って言葉覚えたから使ってる感じがする。と、油断させておいてあとで、おおお、ってなるんだろうけど。
 ともあれ、この先麦わらの中にロビンがいることの重さが、大きくなっていくんだろうな。

 で、サンジの姉弟だよ。
 その眉毛は一体…。
 つか、そこまで遺伝する眉毛ってどんな呪いだww

 と、ビビパパが相変わらず素敵だった。
 満足ww





JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 10:33 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
尾田栄一郎【ONE PIECE 81】
ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎 集英社 (2016-04-04)売り上げランキング: 1,088


 ゾウの上での冒険の続き。

 サンジの身になにがおこったが、語られるわけだが。
 相変わらず恰好いいサンジなのである。
 いやあ、筋がとおっててすがすがしい。でも、モテナイww うん、も、学校いってる時によくいる、恰好いいし優しいけど男の子としてはみられない、っていう典型的なタイプだよね。
 ようするに、優しすぎるんだろうけど。

 そして、なんだかんだといいやつになっている、シーザー。
 周りに流されるタイプなのねww



JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 10:24 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
今市子【百鬼夜行抄 17】
百鬼夜行抄 17 (朝日コミック文庫)
今 市子 朝日新聞出版 (2017-01-06)売り上げランキング: 574



 青嵐と律の関係が微妙になってきて、なんか切ない。

 そうだよね。
 律ももう大人だから、庇護はいらない。むしろ庇護を続けることは彼のためにならない。って、青嵐がそう思ってるとは思えないが、彼は彼で人間と一緒にいすぎて、妖としての無機質さが失われている。いや、俗っぽくなっているというべきか。

 人、だけじゃなく、存在するものすべては常に何かに影響され、影響していく。
 それが不幸であるか、幸福であるかは、とらえ方次第なのだろう。
 そう、目の前だけを見てそれが良しであるか悪であるかを判断するのは、早計なのだろう。

 ということで、なんかちょっと人を超越してしまった感のある開叔父さんがでてきてくれてご満悦。
 彼は、なんか視点が遠いというか、俯瞰してるよね。

 その在り方が、これからの律に影響を与えていくんじゃないかと、心ひそかに期待しているのである。
 うん。
 開おじさん、もっとだしてくれww





JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 20:59 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
波津彬子【幻想綺帖 二 『玉藻の前』】
幻想綺帖 二 『玉藻の前』 (朝日コミック文庫)
波津彬子 岡本綺堂 朝日新聞出版 売り上げランキング: 7,809


 岡本綺堂の「玉藻の前」の漫画化。
 いわゆる九尾のキツネから殺生石につながっていく話。

 で、まずしい家の娘が、キツネにつかれて、のしあがっていく話なんだけど。
 つか、今の観点でいくとキツネだろうがなんだろうが、自分の美貌と才覚を最大限に利用して登って行こうとする女の話になるのだろう。が、それが<悪>になる時代に書かれた話ってことろがみそか。 
 
 うん。岡本綺堂の時代は男尊女卑的な、自立する女は全て悪みたいな、価値観が根底にあったのだろう。
 が、今はそれとはまた違う価値観が生まれている。

 綺堂の雰囲気とかイメージを崩さず、でも今日的な価値観で描かれているのだと思うのだけど。
 
 ともあれ、いつの時代であろうと女の子は、ぼんやり<女の子>をやってることはできないのだ。




 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 20:33 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
波津彬子【幻想綺帖 一】
幻想綺帖 一 (朝日コミック文庫)
波津彬子 朝日新聞出版 売り上げランキング: 1,848


 幻想文学を漫画化した小品集。

 いやあ、波津氏の美麗絵で読めるという至福。

 そしてやっぱり「山月記」大好きです。
 あのやるせない切なさ。うん、あれはやるせなさの話だと思うんだけど、そこんとこがすごく出ていたと思う。
 
 あと、サキは面白いな。
 もっと再評価されてもいいとおもうのだけど。

 そんなこんなで、こういう感じのアンソロジーを読みたいなと思うのである。
 昔、ハヤカワででてた、年ごとのイギリスミステリーの短編集、またやんないかなぁ。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 20:58 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
よしながふみ【きのう何食べた(11)】
きのう何食べた?(11) (モーニングコミックス)
講談社 (2016-10-21)
売り上げランキング: 2,508



 11の感想あげるの忘れてたよ。
 ああ。

 っつことで、前後しましたが、志乃さんが結婚しました。
 いやあ、志乃さん素敵。
 なんだかんだといっても、よしながふみの描く女性は素敵です。
 豚まん大好き大先生も、佳代子さんも、皆しっかり地に足がついてる感じがする。

 うん。食べることは生きることの基本で、やっぱりそれが近しいのだろうなと思うのである。(男の子より女の子の方が比較的にね、ってことで。でも大先生や佳代子さんは年代的にも、もっと料理が女性に近い感覚なんだろう)

 でもって、毎日せっせと晩御飯をつくるシロさんたちは、きっちり生きてる感じがする。
 まぁ、思わぬところでカミングアウトしてしまったり、生活はデンジャラスですが。

 今回もお腹いっぱいになりましたm(__)m

















JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 22:20 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP * >>
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Profile
Others

* TOP * >>