*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2018 檀 All rights reserved.
恩田陸【八月は冷たい城】
八月は冷たい城 (講談社タイガ)
恩田 陸 講談社 売り上げランキング: 31,049


 少年サイドの話。
 <夏の城>にやってきた4人の少年を待っていたのは、首を折られた4本のヒマワリだった。

 7月とは違って、ここにいる意味が解っている少年たち。
 が、不穏因子があって、結局は世界が、小さくだったとしても、揺れ動くことになる。

 <真実>はかのように重い。

 にしても、最後の最後にうっそうとした緑に覆われて、人工のものが朽ちているというイメージはよくある。
 よくあるということは、わりと共通する夢想なのだろう。

 人は、緑を夢にみる。
 緑の中で、圧倒的な沈黙の中で、朽ちることを遺伝子レベルで求めているのかもしれない。






JUGEMテーマ:読書



* by * 21:02 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
恩田陸【七月に流れる花】
七月に流れる花 (講談社タイガ)
恩田 陸 講談社 売り上げランキング: 49,604


 季節外れの転校生は、呼ばれると必ず行かなければならない林間学校「夏の城」に招待された。
 古城で5人の少女たちの共同生活が始まる。

 「7月に流れる花」が少女サイドで、「8月は冷たい城」が少年サイドの話なので、両方読んでしまうと、そういうことなのね、って思うのだけど、とにかく謎が多い。
 転校生であるという条件というか立場が、これほど歯がゆいとは。
 それにしても、何もかも内緒にしなくてもいいんじゃないかと思うんだけどね。

 もう、何をどう書いてもネタバレそうになりそうなので、あれなんだけど、ようするに、様々な選択肢をつきつけられる物語なのだと思う。
 
 必ず行かなければならないとしても、やはり選択したのは彼女なのだ。
 そして、彼女は<知る>ことを選んだ。

 ようするにそういう話。





JUGEMテーマ:読書



* by * 20:50 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
恩田陸【EPITAPH東京 】
EPITAPH東京 (朝日文庫)
EPITAPH東京 (朝日文庫)
posted with amazlet at 18.08.15
恩田 陸 朝日新聞出版 (2018-04-06)売り上げランキング: 276,584


 東京を舞台にした戯曲<エピタフ東京>を書きあぐねている筆者は、吸血鬼だとなのる男と出会う。

 東京のあちこちを舞台に、というか題材にしているのだけど、どうも田舎者にはぴんとこない。
 多分、空気感がわからないからなんだろう。
 例えば、熱帯を舞台に、ってなれば、あのむっとするような暑い空気をいやでも感じる。が、東京にそういう特徴があるかといえば、ない。それをあえて文章化しようとしているのだけど…。
 東京の当たり前が、当たり前すぎて、それが当たり前じゃないのにはわからない。

 まぁ、わからないなってところが伝わってくるのは、文章力の確かさなんだろう。

 東京に限らず、世界中どこだって過去の死者の上に街はある。
 ただ、それに寄り添っているか押さえつけているかで、東京は後者のように感じだ。
 そのエネルギーが歪みを生んでいるような。

 だから、吸血鬼がいる。

 と、まるで恩田陸の目くらましをくらった気分なのだ。
 中の戯曲もそんな感じだったし、だまし絵の階段みたいな小説だった。






JUGEMテーマ:読書



* by * 16:06 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【宵物語】
宵物語 <物語> (講談社BOX)

 大学生になった暦。
 で、相変わらず巻き込まれる。というか、巻き込まれにいく。

 後輩から、友達の妹が行方不明だという話をきいて、探し始める。

 …物語シリーズは、ふいに生い立ちがどうしようもなくかわいそうな子がでてくるので、びびる。 
 でもって、それが子供ゆえに、自分の立場や境遇がひどいってことに気づいてないことが多くて、切ない。もっとも、気づいたところで、子供ゆえの無力さでどうにもできないのだけど。

 思えば、羽川ですら、あの家庭環境に甘んじていたわけだ。
 そして、それをどうにもできないジレンマに猫になり、打破するしかなかった。
 あの、聡明で行動力のある羽川ですらだ。

 暦の真っ直ぐさは、家庭の真っ直ぐさであり、そういう意味では、とても皮肉な話なのである。

 と、撫子の話。
 
 とりあえず順調に回復(?)してるようでよかったけど、相変わらずあぶなっかしい。
 まぁ、どうやらそれをちゃんと見守ろうとする人がいるというか、できたようで、よかった。
 って、多分これは、今後への伏線なんだろうな。
 ということは、…。
 あまり幸せな展開が予想できなくて、なんだか滅入るわ…。
 やれやれ。






JUGEMテーマ:読書



* by * 16:41 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【忍物語】
忍物語 (講談社BOX)
忍物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 17.08.16
西尾 維新 VOFAN 講談社 売り上げランキング: 85


 阿良々木暦の大学生時代の話。
 忍を吸血鬼にした、おおもとが絡んでくる。

 どうでもいいけど、直江津高校は読みにくい名前ばっかりだなww
 学校の先生は毎年うんざりであろうと…。
 
 と、斜め上は置いておいて、まぁこれはこれで一種のはぐらかしなんだろう。インパクトのありすぎる名前も、それが多数になると埋もれる。埋もれることでただの記号になる。が、自己主張する記号だ。
 なんといえばいいか。絵文字で使われるビックリマークみたいな。色が赤だったり、モーションで動いたり、ビックリマークであることは間違いないのに、へんに自己主張している。
 うん。そんな感じ。
 
 で、そういうものに振り回される暦。
 一応ちゃんと大学生はしてるみたいだけどね。

 で、思った。暦のへんなのは、人との距離感なのだ。
 多分彼の中には、他人に対する順列がない。
 つか、自分自身を含めてそれがない。
 
 だから、危ない。

 まぁ、この危なさがあるから物語になるのだろうけどね。

 ともあれ、忍ちゃんは可愛い。
 それにつきるww




JUGEMテーマ:読書



* by * 21:19 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
成田良悟【バッカーノ! 1935-D Luckstreet Boys 】
バッカーノ! 1935-D Luckstreet Boys (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2016-10-09)売り上げランキング: 13,694


 カジノパーティーの続き。
 まだ終わらないww

 でもって、なんかまた人(?)増えてる…。
 なんで、もうごひいきをひきたおすしかないよ。

 ラッドのいかれっぷりを堪能し、ばかっぷるの天然に畏怖をおぼえ、ヒューイは無条件に恰好いい、と。

 で、ヒューイが黒幕かと思ってたら、どうも違うっぽい。
 まだ裏に、でかいのがいるっぽい。

 って、また話をでかくしてどうするんだ?
 つか、そんな風に、否応なしに不死者を中心にした渦に巻き込まれて、いや、巻き込んでいって、どうするつもりなんだ? 混沌の先に、新しい秩序が生まれるとか、というポジティブな景色は想像しにくいんだけどな。
 
 ともあれ、次巻が楽しみ。





JUGEMテーマ:読書



* by * 17:40 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【結物語】
結物語 (講談社BOX)
結物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 17.01.28
西尾 維新 VOFAN 講談社 売り上げランキング: 76


 「100パーセント趣味で書かれた将来」

 って、箱にはってるぐらいなので。
 大学卒業した暦が語る物語。
 相変わらず、怪異がそばにあります。つか、それか、そこに就職ですか? しかも、その試験受かって。
 と、色々驚愕。

 まあそれでも無事に大学卒業できてよかったね、って思ってたら、暦くんをうちのめす一言。
 いやあ、ひどい。
 維新センセ、ひどすぎるww

 新キャラも色々いますが、なじみもでてきます。
 で、羽川がすごいことになっていて…。

 思えば、彼女は<否定>の人だったなと思うのである。
 決め台詞の「何でもは知らない。知ってることだけ知っている」ってまず、否定からはいるものね。
 「それはたまたま知っていただけよ、何でもは知らないわ」っていう風なものの言い方をする子だったら、猫やら虎にとらわれることなく、混乱する世界におりたつこともなく、わりと普通に生きることができたかもしれない。それこそ、普通に結婚して普通に子育てして、「おかあさんは、高校の頃すごい秀才だったのよ」なんて子供に言ってるような日常があったかもしれない。
 が、それを彼女は否定する。
 
 結局、そういうところが、暦が羽川じゃなくてひたぎを選んだ理由なんじゃないかと思うのである。
 
 で、なんだかんだと純真なひたぎは…。
 いやあ、可愛いです。
 も、安定の可愛さ。

 これも時期にアニメ化するんだろうけど、その際新キャラは、とんでもない大物をもってきていただけると色々楽しいと思うのだけどww
 無理か…。










JUGEMテーマ:読書



* by * 21:47 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
成田良悟【折原臨也と、喝采を】
折原臨也と、喝采を (電撃文庫)
成田 良悟 KADOKAWA (2016-10-08)売り上げランキング: 442


 珍しく、臨也が巻き込まれる話。
 っても、切っ掛けは巻き込まれなんだけど、最終的には彼がかき混ぜまくるというやっぱりな展開。

 舞台は、スタジアムで野球の観戦にきている臨也一行。
 似合わねぇ、って。と思ったけど、人間観察的観点だと、十分面白いらしい。確かに。
 
 で、臨也の存在が推測を生み、それが回って回ってぶっとぶ展開になるのである。
 さすが。
 こちらの想像の斜め上をいきます。

 とはいえ、相変わらず臨也は車椅子なので、行動範囲が狭い。
 なので、周りが行動を起こす。どうしても地味になるよね。
 まぁ、それでもきちんとラスボスの体を保ち続けるのだから、彼の存在感はすごい。
 
 で、なんとなく最終的に<いい話>な感じになったのが、不思議ww
 このまま、黄門さま御一行のようになっていくのか?って思うぐらいだよ。

 最後のおまけにくすっと笑ってしまった。
 渋谷の臨也は、ちゃんと彼の中に残っているんですね。

 いやあ、楽しかった。





JUGEMテーマ:読書



* by * 22:05 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
西尾維新【撫物語】
撫物語 <物語> (講談社BOX)
講談社 (2016-08-19)売り上げランキング: 1,180


 神様から、引きこもり中学生にシフトチェンジした撫子。
 彼女が<自我>を得る物語。
 
 まぁ、ぶっちゃけ<自我>というのは、自分の醜さや小ささや歪曲さと向き合い、同時に自分の可能性を信じるってことなんだろう。
 人間としてのバランスをとるといってもいいだろう。

 自分に向き合うことをしなかった撫子は、自身の式神を作ることで、暴力的に対峙することになる。
 
 ちょっとした瞬間に浮かびあがる、阿良々木くんへの思いが切なかったです。
 もう答えは出たし、何をどうしたって何も変わらない、それは理解して受け入れているのに、思いが胸を刺すのはとめられない。
 でも、それをきちんと痛いと思えることができるようになったことこそが、撫子の成長なんだよね。
 
 痛みなしに成長はありえない。
 
 彼女は、この先とんでもない大物になるのかもしれないね。







 

JUGEMテーマ:読書



* by * 21:44 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
恩田陸【夜の底は柔らかな幻】
夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫)
恩田 陸 文藝春秋 (2015-11-10)売り上げランキング: 94,559

夜の底は柔らかな幻 下 (文春文庫)
恩田 陸 文藝春秋 (2015-11-10)売り上げランキング: 126,323



 異能力者<在色者>のシリーズ。

 閉ざされた国、途鎖国に潜入した捜査官、実邦は、過去の因縁に向き合うことになる。

 入国管理官、葛城はCV子安武人、敵か味方か謎の青年、黒塚はCV浪川大輔、でずっと再生されてました。
 様々な事柄や、人物が絡み合って、物語は<神山>でのクライマックスを迎えるのだけど…。

 うむ。
 途鎖=土佐、らしいので、それっぽい描写がでてくるのだけど、それがかえって邪魔してるように思った。
 まあ、実際国を閉ざしてしまうってなると、高知以外だと無理なのかもしれないけれど。つか、高知でも無理じゃないかな。
 リアリティと、幻想の境界って難しいなと思うのである。

 つか、物語もそういうものである気がする。
 現実に生きることを選んだ実邦と、それを拒絶する元夫。
 簡単に二元化されているわけではないけれど、結局のところどちらかで生きるしかすべはなく、その選択が人を縛るものなのだろう。

 …アニメ化したら面白いと思うよ。





JUGEMテーマ:読書


* by * 19:36 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP * >>
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Profile
Others

* TOP * >>