*読書記録*

読書記録、日々徒然。映画&ゲームもあります。
あたりまえですが、無断転載禁止ですよ。
と、コミュニケーションの取れないコメント&宣伝目的のトラクバック&ステマは内容問わず削除させていただきますm(__)m
Copyright (C) 2000-2016 檀 All rights reserved.
西尾維新【撫物語】
撫物語 <物語> (講談社BOX)
講談社 (2016-08-19)売り上げランキング: 1,180


 神様から、引きこもり中学生にシフトチェンジした撫子。
 彼女が<自我>を得る物語。
 
 まぁ、ぶっちゃけ<自我>というのは、自分の醜さや小ささや歪曲さと向き合い、同時に自分の可能性を信じるってことなんだろう。
 人間としてのバランスをとるといってもいいだろう。

 自分に向き合うことをしなかった撫子は、自身の式神を作ることで、暴力的に対峙することになる。
 
 ちょっとした瞬間に浮かびあがる、阿良々木くんへの思いが切なかったです。
 もう答えは出たし、何をどうしたって何も変わらない、それは理解して受け入れているのに、思いが胸を刺すのはとめられない。
 でも、それをきちんと痛いと思えることができるようになったことこそが、撫子の成長なんだよね。
 
 痛みなしに成長はありえない。
 
 彼女は、この先とんでもない大物になるのかもしれないね。







 

JUGEMテーマ:読書



* by * 21:44 * ファンタジー * comments(0) * trackbacks(0) *
中村春菊【純情ロマンチカ (21)】
純情ロマンチカ (21) (あすかコミックスCL-DX)
中村 春菊 KADOKAWA/角川書店 (2016-09-01)


 こっちも相変わらずです。

 うさぎさんが、ああなのは、それはそれで面白いんだけど、ちょっと無理があるなぁって思う。
 
 うーん。
 そろそろこういう世界に飽きてきたのか、自分。
 って、こういう世界の長く続いている作品って実際滅茶苦茶難しいのだと思う。
 リアリティは望まれていないのだろうけど、あまりにもリアルからかけ離れてくると、おいおいってなるしね。そのさじ加減が難しい。

 で、ちょっと無理してるように感じます。
 出版社の大人の事情でしょうかね。
 
 ああ、あと変に合本出すのはやめてくれ。
 間違えて買いそうに…つか、買ってしまったのがあるのだ。
 やれやれ。

 出版業界、苦しいのはわかるけど、目先をだますようなことをやってては、結局は衰退のベクトルから外れることはできないんじゃないかなぁ。





 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 21:39 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
中村春菊【世界一初恋 〜小野寺律の場合 (11)〜】


 相変わらず、素直になれない二人。

 とはいえ、なんだかんだといい感じになってきてるので、よし。
 つか、面白い。
 
 なんか、最初の方、これが面白くなるってちょっとないなって思ってたんだけどね。(律の性格がああなので)
 って、結局恋愛は<パワーゲーム>やってる時が一番面白いってことか。

 にしても、次から次へとイケメンなのに、ゲイ、ばっかりでてきて…。
 まぁ、これはこういうものというか、世界なので、いいんだろうけど、ちょっとなぁって思わないでもない。

 やれやれ。





JUGEMテーマ:漫画/アニメ



* by * 21:37 * コミック * comments(0) * trackbacks(0) *
盒狭酩А撻鼻璽襯 最終章 夜の誘い】
ドールズ 最終章 夜の誘い (角川文庫)
高橋 克彦 KADOKAWA/角川書店 (2016-08-25)売り上げランキング: 87,434



 ドールズシリーズの最終作。
 前作で「箱神」を追って、死んだ聖夜のお葬式から始まりますよ。
 
 で、壮大な冒険になっていくのだが…。
 ちょっと駆け足だったかな。でも、様々なことへの膨大な知識に圧倒される。
 が、それを生かすために(?)ちょっとご都合かねっという展開が…。

 まぁいいんだけど。

 でも、やばげな展開になったからこそ、怜ちゃんと目吉の混在っていうのがなくなっていて、それが面白いのに残念だったかも。まあ、そこで怜ちゃんがどうのってなると、彼女のトラウマになりそうだから、むしろなくてよかったんだろうけど。

 なんか、ホラーで始まったシリーズだったけど、最後はほんわか暖かい光に満ちていた。
 人は望むかぎり、光に手を伸ばそうとする限り、前にむいて進んでいけるという、多分そういうこと。

 智内兄助氏の表紙が今回も素敵でした。
 (そもそも表紙買いだったしね)



JUGEMテーマ:読書



* by * 20:24 * ホラー(邦人) * comments(0) * trackbacks(0) *
DVD【ピアノマニア】
ピアノマニア [DVD]
ピアノマニア [DVD]
posted with amazlet at 16.10.24
エスピーオー (2013-04-03)
売り上げランキング: 35,214



 調律師の仕事を追ったドキュメント。

 恐ろしく説明がありませんww
 も、とりあえず「調律師の話」とか「ピアニストの音色へのこだわりがすごい」とかっていう基礎知識(?)があるのと、一応ピアノやってますからついていけたけど、それでも不親切極まりない作品でした。
 
 が、余計なものを全てそぎ落としたからこそ、主人公の音への純粋なこだわりが浮かび上がってくる。
 ピアノそのものの声を聴き、ピアニストの欲求にこたえ、本当にすごいなあって。

 プロっていうのはこういうのをいうんだよね。

 と、そーいや昔の「フラッシュダンス」の中に<マニア>って曲があって、その中で「彼女はダンスに取りつかれてる、くるってる」って歌詞があった。取りつかれるとか狂ってるってとろが、マニア、だったみたい。
 
 ようするにマニアってそういうことなんだろな。
 だからこそ、この映画のタイトルも「ピアノマニア」なんだね、と変に納得したのである。




JUGEMテーマ:映画



* by * 21:18 * DVD * comments(0) * trackbacks(0) *
DVD【スーパーナチュラル SUPERNATURAL IX<ナイン・シーズン>】
SUPERNATURAL IX<ナイン・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-09-19)売り上げランキング: 3,039


 毎回、シーズンの最初は、兄弟が死にそうだったり、死んでたり、まあ、普通じゃない状態にあるんだが…。
 
 今回は、サムが死にかけです。
 前シリーズの最後にやろうとしていてまじないの余波ってことなんだけど、すっかり忘れてたよ<汗
 でもって、天から落とされた天使たちがうろうろしている。
 キャスにいたっては、天使としての力も失って、普通の人間になってるよ。

 でもって、なんだかんだと順応力が高いキャス。
 人間として、ちょっと変わった人だけど、なんとかやっていってるよ。
 
 ディーンは、サムを助けるために。
 まぁ、それしか選択がなかったとはいえ、ディーンの選択はいつも<ちょっと違う>なんだよね。
 
 それゆえに、とりかえしのつかないことを招いてしまう。

 ついでに、悪魔のリーダー、アバドンと倒すために、手を出しちゃだめなものに手をだす。もっとも、これに関してはクラウドがわざと情報をぬいたっていう悪意はあるんだけどね。でも、危機感が常に薄い。

 天使たちは、徒党を組んだり争ったり…。
 で、最終的にキャスが上にたつことになる。

 まぁ、この辺は兄弟と一緒に冒険してきた経験値がものを言ったってことなんだろうな。

 ってことで、一応悪魔社会も天界も偽りの王は退場して…。
 が、ディーンが…。

 シーズン終わりのお決まりか。
 シーズン11のレンタルが始まっているので、まだまだ続くらしい。
 そろそろネタというか、風呂敷を広げすぎて収集つかないだろうと思うのだが。まぁ、これに関してはこれぐらいなると「ありえねーーーー」ってノリでかえって面白いんだけどね。

 つーことで、9thシーズンも楽しく見ました。
 …キャスは、やっぱりジャケット&コートじゃないとだめだよねww




JUGEMテーマ:映画



* by * 08:09 * DVD * comments(0) * trackbacks(0) *
大石圭【優雅なる監禁】
優雅なる監禁 (角川ホラー文庫)
大石 圭 KADOKAWA/角川書店 (2016-07-23)売り上げランキング: 27,890


 双子の兄弟に監禁された、美人歯科医の戦い。
 
 良くも悪くも大石圭です。

 にしても、悪いことするヤツに限ってお金があるっていうのはどうなんでしょうね。
 (監禁のために部屋を立ててしまうぐらい)

 で、監禁の果てに生きるために開き直る主人公。
 まぁ、そこまで追い詰められたとはいえ、残忍なスイッチがはいったら、人間ってどうしようもないなと。

 とはいえ、このスイッチがはいるまで、というかはいる瞬間あたりの描き方が、うまい。
 大石圭、こういうところが繊細でうまいと常々思っているんだけどね。

 安定の面白さでした。



JUGEMテーマ:読書



* by * 21:24 * ホラー(邦人) * comments(0) * trackbacks(0) *
レイモンド・チャンドラー【リトルシスター】
リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)
レイモンド チャンドラー 早川書房 売り上げランキング: 32,253


 マーロウのもとを訪れた娘は、行方不明の兄を探してほしいと依頼した。

 チャンドラーの「可愛い女」の村上春樹訳です。
 最後の解説に「結局何があったか人に説明しろといわれると上手くいえない」ってあったけど、まさにその通り。
 一応兄の行方不明から始まって、殺人事件がいくつも起こるのだけど、じゃ犯人は動機は、ってなるとよくわからない。つか、印象にのこらない。
 マーロウが、妹や女優やそのとりまき(?)らの周りをぐるぐるしてるって感じ。

 ま、その辺がクールを気取っていても、そうなりきれないマーロウの可愛さなんだろう。

 …当時の風俗を愛で、よくわからんままに振り回されるのがこの小説の在り方のように感じた。





JUGEMテーマ:読書



* by * 22:38 * ミステリー(翻訳) * comments(0) * trackbacks(0) *
DVD【ベルセルク 黄金時代編】
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [DVD]
バップ (2012-05-23)売り上げランキング: 54,744

ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略 [DVD]
バップ (2012-12-05)売り上げランキング: 40,549

「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」<本編DISC1 枚> [DVD]
バップ (2013-06-19)売り上げランキング: 41,273


 「ベルセルク2016」が思いの外よかったので、前日譚を見る。

 王道の騎士物語(傭兵だけど)で、わりとほのぼのとみていたんだけどね、後半からの怒涛の展開にびびりました。
 
 ガッツのもはや暴力的といってもいい純粋さに、結局グリフィスは恥じてしまったんだろう…。
 うん、それは「ベルセルク2016」の最後に、ニーナがルカ姐さんのことを「強すぎるだけで周りを傷つける」って言っていたけれど、ようするにガッツとグリフィスもそれに近いことだったのかもしれない。
 とはいえ、グリフィスのありようは、それはそれで仕方なかったのだけどね。
 だって、鷹の団の生活が彼の背には乗っていたのだもの。
 
 で、<捧げて>しまったことを、ガッツはただ怒ればいいけれど、他は多分それだけじゃないのだろう。
 だからこそ、キャスカはああなってしまったように思う。

 うん。
 キャスカが一番不憫だよな。
 ガッツの暴力的純粋も、グリフィスの矛盾も、結局彼女が全部受け止めることになったのだから。

 音楽が、めっちゃよかったです。
 平沢進氏が私の中で大ヒット。
 恰好いいよぉ。
 って、自分の中二病が健在なのを自覚して、軽く鬱りましたがww




JUGEMテーマ:映画



* by * 21:20 * DVD * comments(0) * trackbacks(0) *
スティーブン・キング【ジョイランド】
ジョイランド (文春文庫)
スティーヴン キング 文藝春秋 売り上げランキング: 2,273


 夏休みに<ジョイランド>でバイトする大学生の話。

 大学にはいって彼女ができて、でもなんかうまくいってなくて…。という悶々が続くのでなんか切なくなる。
 うんうん、10代の終わりから20代の前半って、四六時中こんな感じだったよなって思う。自分が好きな人が、自分が好きなほど好きでいてはくれない、っていうのは本当に切ない。

 それでも人生は続いていくわけで、遊園地というちょっと特殊なバイトを選んだことが、彼をいい方向に導く。
 このあたりって上手いなって思う。人間、ちゃんと働けばお腹がすくし、お腹がすいてご飯食べれは、満たされた気持ちになる。そして、創造的な仕事はやりがいに直結している。

 多分こういうことが人生において一番大事なのだろう。
 
 大事なところを見せておいて、ふいに物語は幽霊譚になる。
 そして、職場への行き帰りに会う、難病の少年とその母親。少年への哀惜が物語を動かす。

 少年がちょっと霊感があるみたいな感じに描かれていたけれど、結局はすべての<愛情>が重なってのことだったように感じた。重なり合ったからこその奇跡で、結末なのだと思う。

 も、涙が…。
 
 最後の1行がしびれるほど、よかった。



JUGEMテーマ:読書



* by * 22:03 * ホラー(翻訳) * comments(0) * trackbacks(0) *
***
Google




芭蕉を偲びて ←いちおしです。
friends
**Ciel Bleu**
最強読書サイトです。

にほんブログ村 本ブログへ



Search
Material by web*citron
* TOP * >>
New Entry
Recent Trackback
Recent Comment
Link
Category
Archive
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
Profile
Others

* TOP * >>